C++11 連想コンテナ std::map のキー値をGUIDで!

ほぼ園芸のことばかり投稿していたので、久々にプログラミング関係を!

今回紹介するのは、連想コンテナのmapのキーに、ウィンドウズ系ではお馴染みのGUIDをキー値としたプログラムです。
とくに不満がない場合はstd::hashで十分なのですが、もう少しサイズがほしいとき、128ビット(16バイト)長のMD5をキーとしたプログラムをpaiza.ioに投稿してみました。

使い方は簡単で、キー値をMD5_GUID()関数に文字列引数を渡すだけで、自動的ににGUDIで受け取ることができる。簡単でしょ?PHPで言うならmd5()関数がそれに当たります。

詳しくは、下記 paiza.ioで投稿した内容を見てくれ!

paiza.ioに投稿

METAL CUBE内で使用しているライブラリなので、MCLibネームスペースがあるのはご勘弁をw

コメント 

コメントを残す