約数:C++

最初に

C++で書かれた、約数を求めるコードです。

表記

整数 a が整数 N の約数であることを、記号 | を用いて a | N と表す。

情報

約数 Wikipedia

C++コード

#include 
#include 
#include 
using namespace std;
/**
* 約数を返す
* @param [in] n 整数
* @return 約数を返す
*/
template
vector Divisors(T n)
{
    vector result;

    T boundary = sqrt(n);

    for (T i = 1; i <= boundary; i++) {
        if (n % i == 0) {
            result.push_back(i);
            if(i != (n / i) && i * i != n)
                result.push_back(n/i);
        }
    }
    sort(result.begin(),result.end());
    return result;
}

オンライン実行

コメント 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください